販売促進の専門メディア

明日から使えるデータ活用入門講座

カスタマージャーニ―における、データの役割

簗島亮次(インティメート・マージャー 代表取締役社長)

「データは売りにつながる!」ビッグデータ活用のプロが、販促におけるデータの使い方をやさしく指南します。

大原則!

カスタマージャーニーにおけるデータの役割
(1)ターゲットの選定
(2)ターゲットに効率良くアプローチできる手段の選定

にある

顧客を効率良く獲得するための考え方としてカスタマージャーニーが注目されています。カスタマージャーニーとは自社の顧客の商品検討段階を明示化したもので自社の商品に対してどのように認知してどのように関心を持ち、商品の購入や会員登録につながっていくかというプロセスを定義して作成します。今回はデータの観点からどのようにカスタマージャーニーを活用するかを紹介します。

データの役割

まず、カスタマージャーニーにおいてデータがどんな役割を担っているか。大きく二つあります。一つ目はターゲットの選定です。ターゲットにする顧客がどれくらいいるのかを把握しないと実はほとんどいない顧客を選定してしまうこともあります。ターゲット選定には「ターゲットの顧客属性の選定」と「ターゲットの検討段階の選定」があります。「ターゲットの顧客属性の選定」は主にデモグラフィックな情報や地域情報、趣味・嗜好の情報を用います。代表的なのは ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

明日から使えるデータ活用入門講座 の記事一覧

カスタマージャーニ―における、データの役割(この記事です)
カスタマージャーニーに沿って集客するには?
顧客の獲得のしやすさに応じて、集客手段を考える
集客チャネル選びは「カバー率」と「新規率」を見る
データを使ってターゲットを見つける〜 仮説検証型と探索型
「集客」を成功に導くために知るべき4ポイント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する