販売促進の専門メディア

明日から使えるデータ活用入門講座

「集客」を成功に導くために知るべき4ポイント

簗島亮次氏(インティメート・マージャー 代表取締役社長)

「データは売りにつながる!」ビッグデータ活用のプロが、販促におけるデータの使い方をやさしく指南します。

大原則!
データを使って、「集客」を成功に導くためには

(1)どこで(2)誰に(3)何を使って(4)どう

集客すべきか、がポイント!

どこで、誰に、何を使ってどう集客すべきかを検討する

今回は「集客」をデータで最適化する流れについてです。前回までの内容をより具体化していきます。さて、集客にデータを使う、といっても、集客する場所が店頭の場合もあれば、ウェブページの場合もあります。そして集客の手段も、チラシやDMなどオフラインのもの、バナー広告や動画広告といったオンラインのものがあります。

つまり、どこで何を使って集客するかによって使うデータの種類や使い方が異なるわけです。

では、どこで何を使って集客するか、データの種類や使い方を決めるにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、どこから集客した人が、会社にとって価値が高いかのか、過去のデータを活用して評価するところから始めます。各集客経路で、顧客単価を計算し、集客コストと比較して低い方を選択することになります。

例えば、自社にとって価値の高い顧客が獲得できる経路に対しては …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

明日から使えるデータ活用入門講座 の記事一覧

「集客」を成功に導くために知るべき4ポイント(この記事です)
データの販促活用でつまずかないために覚えておきたい3つのポイント
売上げアップのための「自社データ」と「自社以外データ」の使い分け
データの販促活用は難しくない~どのデータを、何に使い、結果をどう評価するか~

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する