販売促進の専門メディア

販促NOW モバイル編

複数アプリの回遊とスマホ史上最大級の広告に期待

石川 温(ケータイ・スマートフォン ジャーナリスト )

img01

Syn.のコンセプトが披露された記者会見では、アライアンスに参加するサイトやアプリの関係者も勢揃いした。

Syn.(シンドット)

スマホ史上最大級の広告に期待

KDDIがスマホコンテンツの新たな取り組みを始めた。スマホ向けにアプリやサービスを提供する12社を集め、「Syn.(シンドット)」というアライアンスを組んだのだ。Syn.に加盟したアプリやサービスは、「サイドメニュー」と呼ばれるユーザーインターフェイスを採用する。メインの画面から、サブとしてメニューを呼び出し、そこにアライアンスに加盟した他のサービスへのリンクが張られる。これによりユーザーは「スケジュールを見た後に天気をチェック」「音楽情報を知った後に、ライブ会場までの乗り換え案内を調べる」といったことがスムーズにできるようになる。これまでスマホ向けのアプリやサービスと言えば「一つのアプリを立ち上げたら、ホームボタンを押してアプリを終了させ、別のアプリを立ち上げる」というのが一般的。それぞれのアプリが独立しており、アプリ間の連携が全くとれていなかったのだ。Syn.であれば、ユーザーは複数のアプリを回遊するようになる。各アプリやサービスにとっては、ユーザーのアクセスが増え、サービスの存在価値が増すようになる。

Syn.の調べによれば …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW モバイル編 の記事一覧

複数アプリの回遊とスマホ史上最大級の広告に期待(この記事です)
手間なく出品できる急成長のフリマアプリ
ビールの売り子に革命!?球場のiBeacon活用
カーナビアプリで広がるビジネスモデル
位置をピンポイントに狙った販促―iBeacon
美しい画像で感性を刺激するPinterest

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する