販売促進の専門メディア

           

販促NOW モバイル編

手間なく出品できる急成長のフリマアプリ

石川 温氏(ケータイ・スマートフォン ジャーナリスト)

ユーザーから出品された写真がメインとなっており、一目で興味を引くデザインとなっている。画面右下に出品のアイコンが登場するので、自分も何か出品して、お小遣い稼ぎをしたくなってくる。

スマホの普及によって一気に拡大したのがCtoC市場だ。消費者から消費者に対して、モノを売るといったことがスマホを経由して簡単にできるようになった。

例えば、消費者が処分しようと思っていたものをネット上で売ろうとした際、パソコンであれば、デジカメで撮影し、SDカードをパソコンに挿入してコピーして、オークションサイトに画像をアップするという手間が必要だった。パソコンやネットに慣れたユーザーであれば、問題ないが、誰しも使いこなせるというわけでない。

しかし、スマホによって、アプリを使い、カメラで撮影したものをすぐにネットで売るというのが可能になった。

そんな中、スマホにおけるCtoC市場で、急速に成長しているのが「メルカリ」だ。

フリマアプリとして2013年7月に配信を開始し…

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW モバイル編 の記事一覧

手間なく出品できる急成長のフリマアプリ(この記事です)
ビールの売り子に革命!?球場のiBeacon活用
カーナビアプリで広がるビジネスモデル
位置をピンポイントに狙った販促―iBeacon
美しい画像で感性を刺激するPinterest
写真をおしゃれに装飾、Instagramの活用事例

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する