販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

社内調整のお悩み解決!「トップダウンの企画の進め方」編

コクヨファニチャー スキルパークシニアトレーナー 下地寛也

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい!そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

トップの思いついた企画を実現するのに困っています。

トップの意見ですから実現しなければいけませんが、要求事項が抽象的で漠然としていて苦労します。

--------流通・企画担当

トップは「目的」を担当は「手段」を考える

社長や役員のアイデアはいつもあいまいなもの。「この商品はシニア層にもウケると思うんだ。そこに訴求できる企画にできないかな」とか「ユーザーと双方向の情報のやり取りで商品の良さを伝える企画がそろそろウチも必要だと思うんだが」とか......。「で、具体的にどうするの?」と心の中でツッコミを入れたくなります。それでもトップの気持ちとしては、「自分があまり細かく指示を出しすぎるとそれが制約となって、担当者が自由に考えられなくなるかもしれない」と思っているかもしれません。

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室 の記事一覧

社内調整のお悩み解決!「トップダウンの企画の進め方」編(この記事です)
社内調整のお悩み解決!「メールを送っても、協力してもらえない。」編
社内調整のお悩み解決!「上司に許可を得るタイミングが難しい」編
社内調整のお悩み解決!「企画説明の途中でダメ出しされてしまう...」編
社内調整のお悩み解決!「社内の抵抗を減らしブランドイメージを変更したい」編
社内調整のお悩み解決!「多忙な上司に、短い時間で企画を説明できない」編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する