販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

社内調整のお悩み解決!「社内の抵抗を減らしブランドイメージを変更したい」編

コクヨファニチャー スキルパークシニアトレーナー 下地寛也

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい! そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

商品のイメージ変更を提案したところ、社内の抵抗が大きくて困っています。

売り上げが伸びない商品のブランドイメージやデザインを変えようと提案しています。しかし、今までかかわってきた関係者の抵抗が大きいのが現状です。

--------メーカー 営業・販売担当

無意識のうちに相手のプライドを傷つけていないか?

すべての商品が大ヒットすればいいですが、はじめから売れない商品や、イメージが古くなり売り上げが落ちてきた商品など、テコ入れが必要な商品はどの会社にもあるでしょう。そんな時に障害になるのは当初から商品開発やPRにかかわっていた人たち。商品に愛着を持ち、デザインやコピー一つひとつにこだわりがあります(まるでわが子のように!)。

そんな人たちに単刀直入に「売り上げが悪いのでブランドイメージを変えましょう」なんて伝えたら、「この商品はこのコンセプトでなければダメだ」とか「変えると、もっと売れなくなる!」と強烈な抵抗にあってしまいます。

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室 の記事一覧

社内調整のお悩み解決!「社内の抵抗を減らしブランドイメージを変更したい」編(この記事です)
社内調整のお悩み解決!「多忙な上司に、短い時間で企画を説明できない」編
「余計な口出し」はさせない!スムーズに企画を通すための社内調整術
“社内調整”のお悩み解決!「部門によって要望がバラバラ」編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する