販売促進の専門メディア

顧客創造に挑んだ人たち

『ドラゴンボールZ』ヘアワックス、キャラクターの良さを活かした男性用化粧品

バンダイ ライフ事業部(後編)

108_02.jpg

アニメをはじめとするキャラクタービジネスのグローバル化は進んでいる。大手玩具メーカーのバンダイは11の事業部制でさまざまな分野に幅広く事業を展開。その一つのライフ事業部は日用生活雑貨部門を担当し、さらに4チームに分かれ、「クレアボーテ」は大人の女性向け化粧品を手掛けている。独自の商品開発と販売促進で業績を上げている、大人向け本格派コスメブランドの新規事業の取り組みについて、後半をレポートする。

「今ならセーラームーンになれる」 即日完売、20代の夢を叶える本格派コスメ」
バンダイライフ事業部(前編)

第2回:キャラクターを活用した男性化粧品にも進出

大人向け高品質化粧品を提供

“夢と感動”を提供するキャラクタービジネスで事業領域を拡大しているバンダイ。同社の社名の由来が「萬代不易」で永遠に変わらないことを意味している。創業理念は「いつの世でも人びとの心を満たす商品を作り、やむことのない企業の発展を願う」。いまやグローバル化を進め、自社の強みを世界に広げ、キャラクタービジネスにおけるオンリーワン企業を目指している。

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客創造に挑んだ人たち の記事一覧

『ドラゴンボールZ』ヘアワックス、キャラクターの良さを活かした男性用化粧品(この記事です)
「今ならセーラームーンになれる」 即日完売、20代の夢を叶える本格派コスメ
「酒育セミナー」に「KAYOIGURA」...コト消費で日本酒市場の活性化に挑む
日本酒メーカーなのに"カフェ"をオープン?菊水酒造が挑む顧客創造
1億2000万人がターゲットのメガネ、「かければ、わかる。JINS PC」のフレーズで試用を促進
「目が悪くない人もメガネをかける」新市場を開拓、1年半で200万本突破

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する