販売促進の専門メディア

日常に楽しみを生み出す体験イベント

アトレの中で売り上げトップは吉祥寺、人気の理由は年間534回のイベント

アトレ「a+PROJECT」

087_03.jpg

駅のショッピングセンターでの催しは、気軽に非日常感を味わえる場
吉祥寺在住の人気イラストレーター、キン・シオタニ氏のトークショー。立ち見が出るほど盛況だった。

「モノ」だけでなく「コト」の提供「いつ来ても楽しい!」を目指す

087_01.jpg

"いつ来ても楽しいアトレ"を発信
月別イベントスケジュール(2013年6月版)の一部。リーフレットとして館内配布するほか、ウェブサイトで閲覧できる。

駅のショッピングセンターを運営するアトレは、商品やサービスといった「モノ」だけではなく、街や地域の人々と一緒に、さまざまなイベントを通して「コト」を発信していくという「a+PROJECT(アトレトプロジェクト)」を全社的に展開している。

このプロジェクトをまずスタートさせたのが、アトレの中でも売り上げ1位の実績を誇るアトレ吉祥寺だ。前身の商業施設「吉祥寺ロンロン」を2010年4月にアトレとしてリニューアルした際、イベントスペース・設備を一新。地下1階「ゆらぎの広場」(メインスペース)など大小6カ所のスペースのほか、各ショップのプライベートスペースも活用し、イベントを開催している。

前身の「吉祥寺ロンロン」では、メインのイベントスペースにグランドピアノを設置し、土日に各3回、年間300回のミニライブイベントを実施してきたが、アトレへのリニューアルに伴い、イベントの開催についても内容・手法、バリエーション、回数を再考。「アトレと一緒」、「プラスα」という意味をこめ「アトレトプロジェクト」を立ち上げた。

アトレ吉祥寺アトレトプロジェクトイベントグループリーダー 長岡瑞恵氏は、「アトレは駅ビルで、吉祥寺店にはJR改札口があります。出入り口だけでも約20カ所あって、まさに街の入口、玄関口になっています。イベント開催にあたっても、施設の集客アップよりも"いつ来ても楽しいアトレ"であることをお客さまに伝えることを目指しました。アトレに行くと、いつも何か楽しいコトに出会えると思っていただけるような場所にしたいと考えています。吉祥寺という街、アトレという施設、ショップ、個々の商品など、さまざまな接点から、それらのファンになってもらえるきっかけづくりになればと思ってイベントを企画しています」と話す。

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

日常に楽しみを生み出す体験イベント の記事一覧

こども服フロアに洋菓子店、お菓子教室にリピーター集う
フローズンビールに劇場型百貨店、手が届く「非日常」に飛びつく消費者たち
アトレの中で売り上げトップは吉祥寺、人気の理由は年間534回のイベント(この記事です)
美を求める仲間と1週間の共同生活を体験「Beauty シェアハウス」
神保町の書店でリアル脱出ゲーム、1万2000人が「謎解き」に参加
4000人の大合唱がSNSで拡散、
サイトの滞在時間は5分以上に
街に出て無料ハンドトリートメント、新規客の1割は出張イベントで獲得

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する