IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

EDITOR'S CHECK

「御用邸チーズケーキ」ほか、注目のデザインの裏側

PACKAGE
「御用邸チーズケーキ」

(庫や)

  • 企画制作/good design company
  • CD/水野学
  • AD/佐々木海
  • D/大作皐紀、小川竜由
  • C/蛭田瑞穂(writing style)
  • I/センザキリョウスケ(御用邸ストロベリーシリーズ)、吉實恵(豊饒)

栃木・那須高原の定番土産「御用邸チーズケーキ」(庫(くら)や)が2022年1月、1994年の発売以来初となるリニューアルを実施した。背景には、百貨店などでの販売やECの注文も増える中で「お土産に留まらず、全国で愛される定番のチーズケーキへ進化させたい」との思いがある。

検討を始めたのは2019年。水野学さん率いるgood design companyに相談を持ちかけた。まず着手したのはブランドの“大義”を明らかにすること。那須の自然の豊かさから生まれたブランドであると明文化し、「那須の美しい自然とともに。」から始まるステートメントをコピーライターの蛭田瑞穂さんが書き上げた。

パッケージもより洗練され、上質な印象に。以前はどっしりと丸みを帯びた「御用邸」の文字が前面に出た和風のパッケージだったが、刷新後は和洋折衷。すっきりとした細いオリジナル書体や赤い落款と、英字による商品説明のテキストを掛け合わせた。「那須には古くから残る洋館などもある。横浜や神戸のように、和と洋のモダンなイメージをもっと取り入れてもいいのでは」という水野さんの考えからだ。

コストを抑えつつ、高級感を演出する印刷やデザインの工夫も幾重にも施されている。たとえば「御用邸チーズケーキ」の箱のムラのあるグレー色は、実は紙そのものの色味ではない。地の紙に紙風のテクスチャ素材を重ねて色や風合いを加え、エンボス加工によりファインペーパーのように見せている。

英字のテキスト部分も異素材の白い紙を重ねたように見えるが、実はこれも印刷されたもの。「実際に白い紙を貼ったら、地の色との境目に影が出ます。この影もデザインの一部に。赤い落款もよく見ると、手作業で押印したら生じる紙との境目のインクのズレやかすれを精巧に再現していることがわかります」(水野さん)。こうして細部を詰め、上質感を維持しつつコストを抑えているのだ。

このほかチーズケーキの上位商品「豊饒」でイラストを採用したのは、那須の美しい自然を思わせる工夫。包装紙にも那須に生息する鳥のオオルリや植物の数々をあしらい、ブランドステートメントを貫いたデザインに仕上がっている。

BOOK
石川直樹『奥能登半島』

(青土社)

  • ブックデザイン/田部井美奈

2021年12月、写真家の石川直樹さんによる写真集『奥能登半島』が刊行された。奥能登とは、能登半島の最先端にある石川県珠洲(すず)市を中心とした地域。石川さんが5年ほどかけて撮影した奥能登の祭りや伝統行事、高校生の部活動など...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

「御用邸チーズケーキ」ほか、注目のデザインの裏側(この記事です)
小学館 創立100周年ロゴほか、注目のデザインの裏側
人にやさしくなるゲームほか、注目のデザインの裏側
大阪中之島美術館 VI計画ほか、注目のデザインの裏側
「逆再生、祝祭、手拍子」の函ほか、注目のデザインの裏側
組立式ダンボールテント「DAN DAN DOME」ほか、注目のデザインの裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る