IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

EDITOR'S CHECK

小学館 創立100周年ロゴほか、注目のデザインの裏側

LOGO
小学館創立100周年ロゴ

    共通

  • 企画制作/電通
  • CD/安達翼
  • 企画+C/有元沙矢香、水本晋平
  • AD/大来優
  • D(100周年ロゴ)/武田栞奈
  • CPr/上間集
  • 新聞

  • 制作/たきコーポレーション ワークアップたき
  • D/姉帯寛明
  • 製版+印刷/早瀬瑞記
  • デジタル

  • 企画制作/Dentsu Craft Tokyo
  • D+FE/鎌田貴史
  • エンジニア/黒川瑛紀
  • Webディレクター/大関千恵、馬庭達也
  • Pr/藤岡将史、羽角和弘
  • 撮影/秦和真
  • 取材ライター/宇治田エリ

小学館は2022年8月、創立100周年を迎える。これを記念し、2021年11月に100周年ロゴを発表。2022年1月にはロゴをメインに据えた正月の新聞広告を朝日・読売・毎日・日経に出稿し、特設サイトもオープンした。この先2023年8月にかけての100周年イヤーでは、雑誌の表紙や書籍の帯、映画やイベントなど小学館が発信するあらゆるコンテンツにこのロゴがお目見えする。

ロゴを制作したのは、東京藝術大学大学院美術研究科1年の武田栞奈さん。小学館が藝大にあるギャラリーショップを共同運営している縁から学内公募を実施し、88本の応募の中から公正な審査により選ばれた。「『00』の部分は本に見立て、100周年であることと、小学館らしさが一目で伝わるロゴマークを目指しました。本の部分は『00』に見えるギリギリのラインを探し、上部を角のない弧状にすることで、0との関係性を高めています。多くの人に愛される小学館のイメージに近づけるため、シンプルで親しみやすいフォルムに仕上げ、めでたい赤色で表現しました」(武田さん)。

審査にあたったのは小学館の役員のほか、藝大で教鞭をとる日比野克彦さんや松下計さん、色部義昭さん、関本明子さんといった名だたるクリエイターたち。小学館 マーケティング局 ゼネラルマネージャー 辻泰弘さんによれば、武田さんの案が採用された決め手は明るいイメージと展開力ではないか、とのこと。「100周年の記念出版企画や映画・イベントなどが多数控えているので、あらゆる場面で使用しやすいシンプルさも重要でした」(辻さん)。

100周年の特設サイトでは「0(ゼロ)から考えよう。」というタグラインを据えたが、これは1964年に制作された小学館の社歌『0(ゼロ)のマーチ』(作詞:谷川俊太郎、作曲:いずみたく)にも由来する。現在も節目ごとに歌われ社員に親しまれているように、「0」は小学館のものづくりの根底にあるものだ。「100周年でも常に原点を大事にしようという思いがあります。これから社会に羽ばたく、ゼロベースの状態にある学生の方のロゴデザインを採用できたというのも非常に意義深いことだと感じています」(辻さん)。

TOOL
BYTHREE「NEW YEAR BOOK」

  • CD+AD+企画/吉田貴紀
  • 企画+ライティング/栗原里菜
  • D+I/喜田周作、長谷川明義、水田汐香

大阪のデザイン会社 BYTHREEは年賀状を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

小学館 創立100周年ロゴほか、注目のデザインの裏側(この記事です)
「NHK紅白歌合戦」のロゴほか、注目のデザインの裏側
大阪中之島美術館 VI計画ほか、注目のデザインの裏側
「逆再生、祝祭、手拍子」の函ほか、注目のデザインの裏側
組立式ダンボールテント「DAN DAN DOME」ほか、注目のデザインの裏側
無人直売キット「petit market」ほか、注目のデザインの裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る