IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

ふつうと戦い、時にふつうを愛しながらコピーを書く。

青木一真

    ふつうの17歳なんか、ひとりもいない。

    KDDI/2000年
    〇 C/秋山晶

    モノより思い出。

    日産自動車/2001年
    〇 C/小西利行

    あした、なに着て生きていく?

    earth music & ecology/2010年
    〇 C/児島令子

ふつうの町でふつうに育った。日本一短い地名。それくらいしか売りがない、安定志向な町。部活も勉強も平均的だった僕は、それを育った町のせいにして、ふつう地獄から逃げるように東京をめざした。授業をサボって宇田川町にレコードを掘りにいく。夜は合コンかクラブが日課の意識低めな大学時代。そんなモラトリアムに出会ったのがauの広告。未完成の自分に向けた強烈な一言。漠然と不安を感じていた当時、妙に背中を押された気がした。

ここから続くKDDIの広告はとにかく攻めまくっていて。広告ってテレビや音楽以上におもしろいかも。そう思い始めたのもこの頃だった …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る