IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

デザイナーが酒造を急成長させる「楯の川酒造」

砥上将志

9年で日本酒の海外売上げが44倍。楯の川酒造の世界戦略を牽引するのは、グラフィックデザイナー出身のマーケターだ。「お酒はメディア。ストーリーが大事」と語る砥上将志さんは、仏ロックバンドとのコラボなど、独自の試みで市場を開拓している。

天保3年(1832年)創業の楯の川酒造(山形県酒田市)。

デザイナーが日本酒業界へ転身

1832年に創業した楯の川酒造が海外売上げを急増させている。その立役者が、2010年に楯の川酒造に入社した砥上将志さんだ。砥上さんは日本IBMでデザイナーとして働いた後、海外に留学。米ニューヨーク、カナダのトロントに数年間滞在し、日本酒業界へと転身したキャリアを持つ。

「本来、デザインとは社会課題を解決するための手法です。私がなぜ海外に留学したのかというと、クライアントの依頼を受けて、外見的なモノのデザインをする仕事に限界を感じたから。デザイナーとして活躍の場を広げたいと考えました。そして、海外で暮らしてみたら、日本の良さに改めて気づいた。『日本のためになることがしたい』と思って、帰国することを決めました」 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

デザイナーが酒造を急成長させる「楯の川酒造」(この記事です)
ネーミングと地域ブランドの創造「豊岡鞄」
身体の体験を共有する「Body Sharing」
古い織機がよみがえらせた老舗生糸メーカー
クリエイターであり、事業家でもあることが仕事の幅を広げる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る