IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

古い織機がよみがえらせた老舗生糸メーカー

古橋敏明

世界各国のアパレルブランドから支持を集める生地メーカーが静岡県浜松市にある。従業員7人の古橋織布は、旧世代の織機で作り出す優しい風合いの生地を手がけている。

シャトル織機のシャトル、「杼(ひ)」。これを往復させることで布を織りあげる。古橋織布では古い織機をメンテナンスしながら使用している。

時間のかかる"低速"が強みに変わった

静岡県西部の遠州地方は江戸時代より綿の栽培が盛んで、明治以降は近代的な繊維産業が発展を遂げた。しかし、古橋織布の古橋敏明さんが36歳で代表取締役に就任した頃には雲行きが一変していた。円高が進み、人件費も上昇。大手紡績メーカーから順番に、工場は海外に移転していった …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

古い織機がよみがえらせた老舗生糸メーカー(この記事です)
クリエイターであり、事業家でもあることが仕事の幅を広げる
木組みの外観と台湾式おもてなしのスイーツブランド
プラスティックメーカーが挑む自社ブランド展開
オフィス機材のレンタル会社が銀座で焼き芋を売る理由とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る