IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

ターゲット像を踏まえたキャスティングが鍵

阿部今日子(ラクス)



中小企業向けのクラウドサービスを提供するラクスは、8月15日より新テレビCMの放映を開始した。俳優の滝藤賢一さんとお笑い芸人の横澤夏子さんが出演し、オフィスで会話劇を繰り広げる。交通費の入力作業など企業の経理部が思わず共感してしまう、経費精算を巡る悩みを描いたシリーズだ。

同社は2016年に初めてテレビCMを実施し、昨年からは同シリーズを展開している。プロモーションを担当する阿部今日子さんは、「初年度は『楽楽精算』というシステムの認知度向上を目的に、須藤元気さん率いるパフォーマンス集団WORLD ORDERが営業社員に扮するCMを制作しました。そのCMで一定の成果が見えたので、昨年からは経理部をターゲットに、より売上に貢献することに主眼を置いた展開にしています」と話す。

競合コンペの結果、CMは電通が手がけている。オリエン時には目標となる受注件数を共有。同社で立てた戦略を実現できるか、評価基準を用意して企画の決定に臨んだと阿部さんは言う …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術の記事一覧

心に残ったプレゼン術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る