IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

オリエンへの同調ではない消費者目線での検証があった

横浜八景島 寺脇隆男



横浜八景島が運営する「横浜・八景島シーパラダイス」(以下シーパラ)は今年5月に開業から25周年を迎え、「日本一の五感超刺激島」をコンセプトにアニバーサリーイベントを開催している。タレントの出川哲朗さんを起用したテレビCMやグラフィックの展開をはじめ、ピラニアに直接餌付けできる「ピラニアハンドフィーディング」やイルカショーのプール内に設けられた「スーパー水かぶりシート」など展示のリニューアルも行った。

昨年広告会社から同社に入社し、宣伝を担当する寺脇隆男さんは、「シーパラは商圏内での認知と好感はありますが、水族館カテゴリーに収まってしまっていることに課題がありました。そこで周年を機に、遊園地やホテルなども兼ね備えた『海の複合型レジャー島』というブランドを再構築することを狙いました」と話す。これまで同社はシーズンごとにパートナー会社を決定し、施策を打ってきたが、中・長期的な視点が欠けてしまうことから、今回は年間のパートナーを決めることから始めた …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

オリエンへの同調ではない消費者目線での検証があった(この記事です)
商品を買うまでのストーリー提案が決め手に
商品への愛着を感じる切り口の案を採用
クリエイターの熱量が企画採用のポイント
テレビの特性を踏まえた提案が納得感を生む
業界全体を捉えた社内にはない視点が決め手に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る