IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

今月のソーシャルプロジェクト

富士山保全のために「コピーを寄付」 富嶽三十六コピープロジェクト

01 富士山世界文化遺産協議会にて。両知事にコピー贈呈の様子。左が中村禎さん。

36本の厳選コピーを山梨県、静岡県両知事に進呈

富士山が世界遺産に認定されて2年。しかし安心してはいられない。というのも、富士山がいつまでも世界遺産であるために、2016年2月にイコモス(※)に対して、保全計画報告書の提出を求められているからだ。

保全のために必要なものの一つが、継続的な活動資金だ。この課題の解決のために電通 倉成英俊さん、コピーライターの中村禎さんを中心に立ち上がったのが「富嶽三十六コピープロジェクト」。保全協力金を集め、関心を高めるコピーを「富嶽三十六景」になぞらえ36本寄付するというものだ。NPO 富士山世界遺産国民会議による保全活動「富嶽三十六プロジェクト」の一環として行われた。

寄付するコピーは …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のソーシャルプロジェクト の記事一覧

富士山保全のために「コピーを寄付」 富嶽三十六コピープロジェクト(この記事です)
「かぼちゃのごみ袋」でハロウィンをスマートに!
ブランドスローガンから体操を新開発 ヤマハ発動機の「Revストレッチ」
女性ならではの悩みを動物に見立てた動画
「あいうえお作文ラップ」で平和を歌おう「あいうえお作文ラップ PROJECT」
フロンテッジが開発した迷子犬発見アプリ「FINDOG」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る