IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

2015年注目のクリエイティブチーム(PR企画)

コストパフォーマンスと利便性でプロも活用する豊富な動画コンテンツ

シャッターストック×Viibar

動画市場が活性化する昨今、オリジナルコンテンツの動画を制作する企業が増えている。その一方でコストや制作会社の選定などがネックとなり、制作を躊躇する企業も少なくない。こうした課題を解決する一助となるのが、シャッターストックが提供するロイヤリティフリーの動画素材だ。

4K動画も16万点以上を保有

2003年にニューヨークで設立されたシャッターストックはロイヤリティフリーの写真や動画の提供サービスを行う企業。同社サイトに掲載されている全素材はモデルリリースとプロパティリリースが取得されているため、自分で許可をとる必要がなく、購入後すぐに使用することができる。シャッターストックとストックフォトのサービスを提供する他社との違いを、同社は次のように話す。「私たちはユーザーの利便性を考え、高額、手続きが複雑というフォトストックを変革することに努めてきました。中でも力を入れてきたのが、ライセンスの簡素化。素材の著作権を一切持たず、私たちは利用者と著作権を有する作家の間に入り、ライセンスを販売するエージェンシーのような役割を担っています」。

この利便性に加えて、動画の“数と質”もユーザーに喜ばれるポイントだ。現在、動画は毎週2万点以上のペースで増え続けていて、300万点以上がサイトに掲載されている。品質にもこだわり、全体の9割以上がHD(高品質)で、さらに最近需要が高まっている4K動画の数も16万点以上と業界最大級の高品質動画を保有している。

フリーランスのクリエイターなど2500人をネットワークし、動画制作のクラウドソーシングを提供するViibar(ビーバー)も同社のサービスを活用している一社だ。動画制作のプロは決められた時間の中で、最大限のアウトプットを求められる。そのため、膨大な素材の中から欲しいものを検索して、すぐに手に入れられるかどうかは制作パフォーマンスにおいて非常に大きな問題となる。同社 キュレーター 高橋俊輔さんは「現在、弊社には2500人超のクリエイターが登録していますが、シャッターストックさんの動画を好んで使っている方がたくさんいます。その理由の多くは、入力したキーワードに対して返ってくるサムネイルの精度が高いという“検索のしやすさ”と“コストパフォーマンスの高さ”です」と話す。

コストパフォーマンス面においては、個人では撮影できない動画が豊富にある点が大きい。シャッターストックには、航空動画や3Dアニメーション、最近人気が高まっているスローモーションやタイムラプスなど、さまざまなタイプの動画が用意されている。「タイムラプスの動画で、世界各地のシーンを繋げるようなものは個人で撮影することは費用や時間などの面から難しい。世界中の動画をサイト上で横断的に見ることができるのも利点。そして何よりもプロが撮影し、厳選された作品であるがゆえにビジュアルとして力が強いものが多いと感じています」と高橋さん。

シャッターストックは社員の3割以上がエンジニアで、常にユーザーの使いやすさという観点から、機能のブラッシュアップを重ねている。今後は検索の精度を高めると同時に、需要が高まっている日本の動画素材をさらに積極的に増やしていく方針だ。

01~06 Viibar制作動画を背景としたスターティアのWebサイト(https://www.startia.co.jp)。こちらで使用されているシャッターストックの動画は、人物、街の光景、ビジネスシーンなど多様だ。



Viibarキュレーター 高橋俊輔さん

    お問い合わせ

    シャッターストック 
    E-MAIL:support@shutterstock.com TEL:03-6338-0384

2015年注目のクリエイティブチーム(PR企画) の記事一覧

コストパフォーマンスと利便性でプロも活用する豊富な動画コンテンツ(この記事です)
人の心を動かす映像はこうして生まれる
もっとクリエイティブに専念するためのデータ管理術とは? Dropbox Business活用事例
受験に向かう子どもたちの気持ちに寄り添うムービー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る