IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

何よりもファンの気持ちをリスペクトする

ドコモ・アニメストア



「眠い」篇



「猫」篇



「うしろ」篇

月額400円で約1400作品が見放題。国内最大級のアニメ視聴サイト「dアニメストア」のテレビCMが、アニメファンから支持を得ている。「眠い」篇、「猫」篇、「これも」篇、「うしろ」篇の4篇で、アニメファンの生態をパロディ化した少し自虐的な内容が笑いを誘う。ノープロブレム合同会社のクリエイティブディレクター小霜和也さんが手がけた。依頼のきっかけは機能の拡充などサービスのリニューアルを検討していた今年2月、アニメファンに向けた広告の見せ方や打ち出すべきメッセージを相談したのがはじまり。事業戦略や過去のCMに関するツイッターの評判などを事前に共有した後、小霜さんから「サービスの告知も大切だけど、CMのトーンを大きく変更して、まずはアクティブユーザーの満足度を向上させてはどうか」という提案があった。

アニメに限らず …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術の記事一覧

心に残ったプレゼン術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る