IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BRAIN'S BRAIN

今月のカバーストーリー

p a n o r a m a

ブレーンのカバーを飾るのは、世界の先端を行くクリエイターたちの作品。「BRAIN’S BRAIN」では、「HAPPY CREATION」をテーマに彼らが制作したビジュアルとオフィスや仕事を紹介していきます。10月号の表紙を制作してくれたのは、ドイツ・シュトットガルトのデザインスタジオp a n o r a m a。表紙にはコピー特集にちなんでコピー機が登場!?しています。

01.jpg

01 ワークスペースを使って表現する表紙のモチーフのアイデアは他にもありました。今回のハッピーゼロックスのイメージのためのアクションを、ぜひこちらのサイトで御覧ください。
URL:studiopanorama.de/brain

――表紙のアイデアについて教えてください。

表紙に使ったのは、最近私たちのオフィス器材になった古いゼロックスのコピー機です。初めてコピーしたとき、機械は燃えたんです。私たちは早々に機械を使うのが怖くなりました。でも、このオールドボーイは回復して、いまでは以前より若々しくその職務を果たしてくれています。

――そのアイデアはどのように生まれましたか。

制作過程で私たちはよく、あるメディアから他のメディアへとデザインを変換させます。フォト・コピーの手法は、デザインを適切に判断をするためには非常に早くて簡単な方法です。そして新しいアイデアをもたらしてくれます。

――日本のデザインや広告についてどう思いますか。

私たちは日本語の文字をほとんど理解していませんが、日本のタイポグラフィーデザインに見られる緻密なフォームが大好きです。私たちが知る日本のデザインは、とてもピュアでシンプル。節度のある意匠なのにエモーショナル。それに対して、広告はとてもカラフルです。

p a n o r a m a

Q1. What is the idea for this cover?and how did you make it?

The cover shows an ancient Xerox-machine,that recently became part of our office-equipment.After the first copies it started to burn and we feared to loose the machine so early.But the old boy recovered and does its duty seeming younger than ever.

Q2. What made you come up with the idea?

In our process we often transfer the design from one media to another.Photo-copying is a very fast and rough method to get a formal interpretation of a design,that brings you to new ideas.

Q3. What do you think of Japanese advertisement and design?

We do not understand any of the japanese characters, but we love their precise forms and how they are used in japanese typographic design.The japanese design we know is very pure and simple but its ascetic look is very emotional.In contrast the advertising seems to be more colorful.p a n o r a m aLukas Betzler, Simon Bork, Armin Roth.

03.jpg

02 大きなアトリエスペースを他のデザイナーたちとシェアしている。Photo: Achim Birnbaum



05.jpg

03 the State Academy of Art and Design Stuttgartのデザイン部門のためのカタログ。TDC New York.で入賞。



06.jpg

04 シュトットガルトにあるTHEATERRAMPE.DEのためのコーポレートアイデンティティとコミュニケ―ションデザイン。TDC Tokyo、International Poster Biennale in Warsaw、Golden Bee Moscow Global Biennale of Graphic Designで入賞。



07.jpg

05 「Who’s that pale man」アンディ・ウォーホルについてのレクチャーシリーズの講演者のイラストレーション。





img01



img01

p a n o r a m a

p a n o r a m aは、コンセプチュアルなデザインにフォーカスしたデザイン・スタジオ。小規模の会社から文化的なクライアントや公共機関まで、さまざまなアイデンティティを制作している。p a n o r a m aのデザインはメディアに縛られることなく、コミュニケ―ションのあらゆる意向に応えるべく、常に適切なチャンネルを探し出している。

BRAIN'S BRAIN の記事一覧

今月のカバーストーリー(この記事です)
今月のカバーストーリー
ケイト・モロス、ポジティブで、希望に溢れたドローイング
今月のカバーストーリー
今月のカバーストーリー
今月のカバーストーリー「子どもは最高にクリエイティブだ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る