広告マーケティングの専門メディア

           

R30のホープたち

データや数値にとらわれないお客さまの「欲しくなる!」を捉えたコミュニケーションを設計

藤井大樹さん(資生堂ジャパン)

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのだろうか。今回は資生堂ジャパンメイクアップマーケティング部で活躍する藤井大樹さんに話を聞いた。

資生堂ジャパン
プレミアムブランド事業本部
メイクアップマーケティング部
デジタルマーケティング戦略グループ
アシスタントブランドマネージャー
藤井大樹(ふじい・だいき)さん 27歳

2018年に新卒で外資系化粧品会社に入社し、マーケティング業務に従事。2021年に資生堂ジャパンへキャリア入社し、メイクアップブランド「マキアージュ」のマーケティング業務を担当後、デジタルマーケティンググループへ異動し、SNS、EC、デジタル広告などに携わる。

プロダクトアウトから市場の声を拾った価値提供へ

2022年に創業150周年を迎えた資生堂。機能を超えた体験価値を通じた新たな価値を創出することを重視している。こうした同社の戦略に魅力を感じ、2021年に資生堂ジャパンにキャリア入職したのが、メイクアップマーケティング部の若手マーケター、藤井大樹さんだ。

藤井さんは新卒で、外資系化粧品会社に入社し、マーケティング業務に従事していた。

前職では担当する商品の中期成長戦略の策定からIMC戦略の企画・実行、さらにデジタル領域のECプロモーションやSNSまで幅広い業務を担当していた。多岐にわたる経験ができる職場には満足していたが、プロダクトアウト発想に陥りがちなところに課題を感じていた。顧客に寄り添いながら、市場が必要とする価値を提供するマーケットイン発想のマーケティングに取り組みたいと考え、資生堂ジャパンへの入社を決めた。その後、メイクアップブランド「マキアージュ」のブランドマーケティングチームに配属となった。

入社直後の2021年11月には好きな色や質感を楽しみながら自分だけのパレットがつくれる「ドラマティックアイカラー」が発売。単色アイカラーユーザーの多くが他のカラーと組み合わせて使用しているという生活者のメイク習慣に着目したアイテムで、「商品の開発から広告コミュニケーション、店頭プロモーションまで、お客さまの声を聞いて施策を実施していて、まさに自分がやりたかったことだと感じました」(藤井さん)。

「ドラマティックスキンセンサーベースNEO」のSNS施策では、藤井さんが考案した「匂わせ投稿」が話題に。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する