広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

キャッシュレス決済でポイント還元 半年間で「QRコード決済」が躍進

日本政府は2025年までにキャッシュレス普及率が40%に到達することを目標に掲げている。10月に迫った消費税増税(10%)後には、経済対策として9カ月間はキャッシュレス払いの場合、買い物金額の2~5%をポイント還元することが決まっている。

マクロミルは全国20歳から69歳の男女1,000名に「キャッシュレス化」に関する調査を実施。その結果、支払い方法は依然として「現金」が97%と圧倒的だったが、2018年10月の調査時と比べ、大型キャッシュバックキャンペーンを実施したスマホでの「QRコード決済」が半年で32ポイント伸長していることが明らかとなった …

あと35%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

キャッシュレス決済でポイント還元 半年間で「QRコード決済」が躍進(この記事です)
お中元の送り先、約半数が両親へ もらって嬉しいものはビールと菓子類
今社会人が最も身に付けたいのは4カ国共通で「ソフトスキル」
キャンペーン終了後もスマホ決済を「利用する」約5割
「ブランド重視派」が多いのはマヨネーズやチューハイ、ビール
ミレニアル世代はスマートフォンの機能に「シェアラブル」を求める
日本人は諸外国より「所有」より「利用」を重視
不祥事後の作品の販売・配信停止 半数以上が「停止すべきではない」
「平成・バブル・団塊」世代別 テレビの『ながら視聴』に差
スーパーマーケットでの購入頻度 シニア女性7割がこまめに買い物
SDGs認知度は2割弱にとどまるも、実践をしている人は6割超
10代の7割が「Vチューバー」を認知 3割が「ライブ・ビューイング」の経験あり
50~60代女性の「音楽もの(洋画)」嗜好者が2017年以降急増

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する