広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

お中元の送り先、約半数が両親へ もらって嬉しいものはビールと菓子類

JOYLABは、30代以上の主婦1,117人を対象に「お中元に関する意識調査」を実施。調査の結果、45.4%が「今年もお中元を贈る」と回答。送り先は「両親(46.6%)」が最も多く、ついで「自分やパートナーの上司(11.4%)」「友人(11.4%)」という結果になった。

お中元の予算は3,000~4,000円未満が約4割を占め、購入先は「デパート」「インターネット通販」「スーパー」と続いた。もらって嬉しかったお中元1位に「ビール」、僅差で2位に菓子類が選ばれた。一方、「その他酒類」は「飲む習慣がない、好みではない」という理由から、最下位となった …

あと27%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

キャッシュレス決済でポイント還元 半年間で「QRコード決済」が躍進
お中元の送り先、約半数が両親へ もらって嬉しいものはビールと菓子類(この記事です)
今社会人が最も身に付けたいのは4カ国共通で「ソフトスキル」
キャンペーン終了後もスマホ決済を「利用する」約5割
「ブランド重視派」が多いのはマヨネーズやチューハイ、ビール
ミレニアル世代はスマートフォンの機能に「シェアラブル」を求める
日本人は諸外国より「所有」より「利用」を重視
不祥事後の作品の販売・配信停止 半数以上が「停止すべきではない」
「平成・バブル・団塊」世代別 テレビの『ながら視聴』に差
スーパーマーケットでの購入頻度 シニア女性7割がこまめに買い物
SDGs認知度は2割弱にとどまるも、実践をしている人は6割超
10代の7割が「Vチューバー」を認知 3割が「ライブ・ビューイング」の経験あり
50~60代女性の「音楽もの(洋画)」嗜好者が2017年以降急増

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する