広告マーケティングの専門メディア

           

マーケターのための事業構想

「誰もが自由に資金調達できる」世界へ

鬼頭武嗣 氏(クラウドリアルティ)

テクノロジーが規制のあり方を変える──。近年、「レグテック(規制×技術)」のスタートアップが日本でも登場しており、その代表的な1社がクラウドリアルティだ。同社CEOの鬼頭武嗣氏は、自身のビジョンで多くの人を巻き込み、世界を変えることを目指す。

京都の町家を宿泊施設にリノベーションするプロジェクトなど、多数の資金調達プロジェクトを成立させている。

2014年12月に設立されたクラウドリアルティは、不動産を活用するための資金を必要とする事業者と、そのプロジェクトに投資したい人を直接結びつける、P2P(ピアツーピア)型のエクイティ・クラウドファンディング事業を展開している。表面的にはシンプルに見える同社の仕組みも、不動産の証券化などの金融のテクニカルな知識や複数の監督官庁との折衝を経て実現している。

同社は、京都の町家を宿泊施設にリノベーションするプロジェクトや保育園事業用地を取得するためのプロジェクトなど、すでに多数の資金調達プロジェクトを成立させている。CEOの鬼頭武嗣氏は「資金を調達する起案者側のニーズは強烈に感じる」という。

「世の中には、銀行から融資を受けたくても断られている人が多くいます。実際には融資以外にも多様なファイナンスの手段がありますが、それを知らない経営者も多いのです。資本政策はもっと多様化してよいと考えているので、まずは知ってもらうために事例を積み重ねることが大事だと考えています」 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

「誰もが自由に資金調達できる」世界へ(この記事です)
学校の課題とニーズに対応 国際交流授業の「垣根」をなくす
在留外国人の経済圏をつくるプラットフォームを展開
エイベックスのオープンイノベーション
情報発信で島と世界の「御縁」をつなぐ
行政と企業が連携して「歩きたい」空間をデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する