広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

持っていくものは「携帯電話」 情報収集は「テレビ」が1位

BIGLOBEは、スマートフォンを所有する全国の20~60代の男女1,000人を対象に、「災害に関する意識調査」を実施した。調査によると、避難する際に持って行くものは「携帯電話」と回答した人が86.9%にのぼり、2位の「お金」(85.8%)を上回る結果となった。

また、被災時の情報収集方法については、「テレビ」(58.9%)「ラジオ」(49.8%)が1位2位を占め、3位の「インターネットニュース」(30.9%)に20ポイント近い差をつけた。知りたい情報は「被害や復興の状況」、「被災者の現状」、「政府・地方自治体の支援策」と続いた …

あと33%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

eスポーツ認知は4割強 スポーツ競技とはとらえにくい
今や男性が料理は当たり前!? 約8割が週1回以上料理
持っていくものは「携帯電話」 情報収集は「テレビ」が1位(この記事です)
シニア世代の約4割がLINEを利用、きっかけは家族
ミニマリストは「気に入ったものへの出費は惜しまない」
子どもにさせたいスポーツは男女ともに「水泳」がトップ
働く男女のお昼ごはん事情、ランチ接待で半数以上が「仕事が成功」と回答
約7割が「洗濯用柔軟剤」を使用 、TPOに合わせて使い分け
フードデリバリー、注文方法は「電話」と「ネット」が同率
約半数が副業に興味 動機は「経済的な不安」から
7割強が「朝食を食べる」と回答 かける時間は10分以内が4割超
「キャッシュレス化」の関心高まる 利用シーンはコンビニがトップ
時短・個食ニーズが市場動かす 販売金額、レトルトがルーカレー抜く

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する