広告マーケティングの専門メディア

心と身体の健康を考える

自然食ランチ、1カ月間休暇、子連れ出勤可能などウェディング支援CRAZYのユニーク制度の狙いとは?

CRAZY(クレイジー)

ビジネスを順調に伸ばしている企業には、社員の働き方や体調管理、成長をサポートする仕組みが整えられている。ウェディング支援のCRAZYの取り組みを紹介する。

CRAZY 代表取締役社長 森山和彦氏

森の中で執り行われる挙式、ふたりの思い出を表現した装飾の披露宴など、完全オーダメイドの結婚式をプロデュースする「クレイジーウェディング」。2012年に山川咲氏と森山和彦氏によって設立されたクレイジーが展開している。同社は、そのユニークな事業だけでなく、働き方においても注目を集める。

昼食は毎日、専属のダイニングチームがつくる自然食ランチを全社員で一緒に食べる。社内にベビーシッターが常駐し、子連れで出勤が可能。さらに年に1度、1カ月間の休暇をとり旅に出ることができる。もちろんビジネスも順調に成長し、2017年の5期目で社員は70人を超え、売上も10億円を超えた。ユニークな制度を導入している狙いは、どこにあるのだろうかー。

自然食ランチを、全社員で食べる(左)。社内に保育用スペースがあり、子連れで出社ができる(右)。

POINT(1)
個人の価値観の変化を察知 経営者はファシリテーター

創業者のひとりであり、代表取締役社長の森山和彦氏は、ユニークな制度の背景として、個人の価値観の変化を挙げる。

「例えば、働き方改革に注目が集まり、残業が規制されるようになっていますが、中には仕事が楽しいため長時間労働をしたいと考える人もいます。もちろん健康を害するほど働くことは問題ですが、そういう人に残業がダメだからと、強制的に働く機会を奪ってしまうと、逆に働くモチベーションを落としてしまいます。もしかしたら、フリーで在宅勤務の契約に変えるなど、自由に働く環境を整えることができるかもしれない。つまり問題なのは、ひとつの価値観を強要することではなく、それぞれの社員の価値観にあった働き方を提示していくことなのです」。

森山氏は、時代の変化に合わせて、企業統治の方法も変わっていくべきだと考える。その一つの解として挙げるのが、「経営者はファシリテーターであるべき」ということだ ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心と身体の健康を考えるの記事一覧

心と身体の健康を考えるの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する