広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

「敬老の日」は何歳から?「自分はシニアと思わない」が約3割

楽天市場では、60歳以上の男女600名に向けてアンケートを行った、「敬老の日意識調査」を元に、彼らのホンネを分析した。「敬老の日」を祝ってもらえたら嬉しいとの回答は約7割。敬老の日の対象だと思うのは70歳以上(36.7%)が最多の一方で、初めて「敬老の日」を祝われたのは平均すると62歳という結果に。

さらに70歳以上の3人に1人は「自分は高齢者だと思わない」と考えるなど、若々しいシニアが多く見られた。こうした若々しいシニアは、趣味に打ち込む人も多いようだ。男女ともに趣味の1位は「旅行」、さらにどちらも「運動」や「インターネット」がランクインするなど、アクティブな様子が窺えた ...

あと36%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

地方移住に憧れる人は2人に1人!20代は約4割がSNSの影響
「敬老の日」は何歳から?「自分はシニアと思わない」が約3割(この記事です)
ストレスの理由にも男女差 みんなのストレス解消法は?
「時間」に値段をつけるなら?世代ごとに異なる大切にしている時間
過去の写真はどの媒体に保存? SNSの普及で見返す機会が増加
最も利用されるSNSは「LINE」 SNS疲れを感じる媒体は?
思わず買いたくなるキャッチコピー 10代男女が惹かれる言葉とは
「父の日」のプレゼントに人気なのは?「一緒に過ごしたい」父子が多数
あなたの「友人」の定義は?若者にケンカ離れの一面も
着ていた制服はどのタイプ?世代で制服へのイメージにギャップ
セカンドライフは65歳から!理想の過ごし方や生きがいは?
ネット派?リアル店舗派?主要購買チャネルは県によって異なる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する