広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

着ていた制服はどのタイプ?世代で制服へのイメージにギャップ

学校の制服などの衣料品の製造販売を行うトンボは、親世代・子ども世代の制服に関する意識の違いを探るため、子どもを持つ母親と、高校生を対象に「学生服に関する意識調査」を実施した。

調査の結果、親世代よりも子ども世代のほうが「ブレザー服」を着用していることが多く、ブレザー服への満足度も親世代は34%だったのに対し、子ども世代では71%にまで上がっていることがわかった。さらに世代ごとの制服のイメージを調査すると、親世代で1位だった「清楚」は子ども世代では6位と、イメージの差も生まれていた。唯一「朝の準備が楽」のみがどちらの世代も3位圏内であった ...

あと29%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

あなたの「友人」の定義は?若者にケンカ離れの一面も
着ていた制服はどのタイプ?世代で制服へのイメージにギャップ(この記事です)
セカンドライフは65歳から!理想の過ごし方や生きがいは?
ネット派?リアル店舗派?主要購買チャネルは県によって異なる
「おじさん」と「オヤジ」の境界線は?お父さんたちの本音とは!
若年層はテレビよりWeb動画派?2016年に印象的だった動画は?
ゴミ?資源?あなたのリサイクル方法は?
10代女子が写真投稿をする媒体は目的によって異なる?
オンライン動画を視聴する動画サイトに大差?動画の視聴事情
人間関係のための消費は重要!大学生の消費事情
冬でもアイスが食べたい!その理由は?
男性より女性が健康を意識? 60代では90%が朝食を食べる!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する