広告マーケティングの専門メディア

           

R30のホープたち

モノの本質を伝えるコミュニケーションを設計したい

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのか。今回は、RIZAP メディアマーケティングユニットで活躍する小野博さんに話を聞いた。

RIZAP メディアマーケティングユニット
小野博さん(おの・ひろし) 26歳

大阪府出身。順天堂大学大学院スポーツ健康科学科修了。2015年に健康コーポレーションへ入社。2016年よりRIZAPメディアマーケティングユニットのメディア担当としてWebページ等の広告物・番組取材の対応などに携わる。2016年5月から「RIZAP ENGLISH」を担当している。

新規事業を担当する入社2年目のマーケター

ライザップといえば、ボディメイクの前後の差を明確に表現したCMを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。あのCMを企画しているのが、ライザップ全体のコミュニケーションを担うメディアマーケティングユニットだ。小野博さんは新卒入社後すぐに同ユニットに配属された、入社2年目の新星。

初年度はライザップのWeb周辺や、プロモーションなどを担当。今年度からは新事業である、英語のパーソナルトレーニングジム「RIZAP ENGLISH」を担当している。「将来、英語を強みに海外駐在や翻訳、通訳などの夢を実現させたい方。また、日々英語の必要性を感じているが、いま一歩踏み出せない、自信がない、勉強方法が分からないという方にRIZAP ENGLISHは本気で向き合い、目標を達成して頂くため、専属トレーナーと二人三脚で英語力の向上にコミットしていきます」。

小野さんは事業立ち上げ時の、ランディングページや交通広告などの制作を担当。「当時は制作物の進行が重なり、とにかく毎日が精一杯でした。上手く進行ができないことが多く悔しく思うことが多かったです。制作依頼など上手く進行できない中、何とか形にして提案してくれた周りの助力があり、どうにかここまでやってこれました。本当に感謝しています」と小野さん。

精力的に仕事に取り組む小野さんが、なぜ分からないことだらけの中、ひたすら取り組むことができるのか。「何とかここまでやってこられているのは …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する