広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

広告界で働くには「自分らしさ」が必要

博報堂DYメディアパートナーズ 細江 隆史

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2016年4月入社の先輩がアドバイスします

縁結びのパワースポットとして有名な東京大神宮の「縁結び鈴蘭守り」と「縁むすびおみくじ」。「企業との良縁成就」を願うため、多くの女性に囲まれながら友人と男2人で参拝した。

就職活動を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学3年の6月です。インターンの応募が始まった時期だったので、まずは就職情報サイトに登録してインターン受け入れ先から、興味ある企業を探しました。1日から数週間にわたるもので、複数社のプログラムに参加しました。

インターンは広告界に限らず参加をしていましたが、アイデアで世の中を楽しませ、なおかつクライアントの課題を解決できる広告界の仕事に大きな魅力を感じるようになりました。また広告界の中でも、この春から入社した会社が第1志望でした。会社の理念や、実際にお会いした方々のお話を聞くごとに …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

広告界で働くには「自分らしさ」が必要(この記事です)
広告制作は「売れる仕組み」をつくること
制作会社の内定者に聞く「踏み出したら、あとはやるだけ」
就活の第一歩は作品集づくり
好きなコピーを即答できるか?
広告界就職ラボ「就職活動は“自分を広告する仕事”」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する