広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

広告界就職ラボ「就職活動は“自分を広告する仕事”」

大学生22歳

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2016年4月入社の内定を獲得した先輩がアドバイスします。

就職活動ではどんな企業でも、いつもこのリュックで訪問していました。面接にお気に入りの文具を持っていくなど、自分が安心できる「いつも」を作っておくのはオススメです。

就職活動を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学2年の冬頃です。高校生のときからメディアを使って人を動かすことに関心があり、広告界を志望していました。インターンシップに照準を合わせ、OB訪問を始めたのも、この頃です。

広告界は第一志望で説明会は、幅広い業界に関心をもって参加をしていました。その過程を通じて、広告に関わる仕事は、必ずしも広告界に入らないとできないものではないという気づきもあり …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

広告界就職ラボ「就職活動は“自分を広告する仕事”」(この記事です)
広告界就職ラボ「自分の個性を見つけ出す方法」
遠回りをしたからわかることがある
広告会社の若手社員に聞いた就活のコツ「直感を信じてみる」
自分なりの視点を大切に
広告会社の若手社員に聞いた就活のコツ「ブレそうになっても踏みとどまる」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する