広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

広告制作は「売れる仕組み」をつくること

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2016年4月入社の内定を獲得した先輩がアドバイスします。

img01

必須アイテムだった腕時計。1日で複数の会社の説明会に行くこともあったので、遅刻しないよう常に時間をチェックしながら行動していました。スマホでも時間は見られますが、やはり時計はあった方が便利です。

就職活動を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学3年の10月です。私が就職をした年度は...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

広告制作は「売れる仕組み」をつくること(この記事です)
制作会社の内定者に聞く「踏み出したら、あとはやるだけ」
就活の第一歩は作品集づくり
好きなコピーを即答できるか?
広告界就職ラボ「就職活動は“自分を広告する仕事”」
広告界就職ラボ「自分の個性を見つけ出す方法」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する