広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

制作会社の内定者に聞く「踏み出したら、あとはやるだけ」

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、転職した先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。転職活動を経て制作会社で働く先輩がアドバイスします。

img01

唯一、実務以外でポートフォリオに入れた、第51回宣伝会議賞でシルバーを受賞し「インテリアライフスタイル東京」にて掲出された長谷川工業「lucano」のコピー。

転職を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

30代半ばになり、未経験からコピーライターを目指すとしたら、最後のチャンスだろうと思い立ち、コピーライター養成講座に通い始めました。本格的に転職活動を始める決意をもっての受講です。

もともと中学生の頃からデザイナーかコピーライターになりたいと考えていたのですが、広告界で働く親戚に相談したところ、「武蔵美へ行け」とだけアドバイスされ…(笑)。その人はアートディレクターで、自分もデザインに興味があったので、そのまま何も疑わず美大受験を始めました。

結局は紆余曲折して彫刻科へ進学したため …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

制作会社の内定者に聞く「踏み出したら、あとはやるだけ」(この記事です)
就活の第一歩は作品集づくり
好きなコピーを即答できるか?
広告界就職ラボ「就職活動は“自分を広告する仕事”」
広告界就職ラボ「自分の個性を見つけ出す方法」
遠回りをしたからわかることがある

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する