広告マーケティングの専門メディア

マーケティングテクノロジーの自社に合った選び方

時代はワントゥワンのマーケティングへ─テクノロジーの活用が不可欠に

エムアールエム・ワールドワイド 潮崎美穂

消費者の生活スタイルや志向の多様化に伴い、パーチェスファネルが多様化する中、マスマーケティング展開は、時代に合わなくなりつつある。顧客・見込み顧客一人ひとりに合わせた施策はもはや不可欠。それに対応するためのツールの導入・活用は、企業にとって避けては通れない道となっている。

カスタマージャーニーへの対応

異なるステータスのお客さまを管理・コントロールするための「マーケティングソリューション」は、実に多様なものが存在します。なかでも、昨年あたりから市場が活性化しているのが、アドテクノロジーやマーケティングオートメーション(MA)。その背景には、生活者の行動の多様化・複雑化があります。

かつては「(パーチェス)ファネル」として捉えられていたカスタマーエクスペリエンスは、いまではユビキタスな「ジャーニー」へと変化。いつでも・どこからでも乗り入れ、また自由に回遊するターゲットユーザーの行動は、企業にとって非常に見えづらいものになりました。ユーザー行動のフラグメンテーション(断片化)が加速する中、企業はいかにしてターゲットとコミュニケーションを図るか。それをサポートするツールの一つとして、MAの導入が急速に進んでいます。ターゲット一人ひとりにとって最適なタイミングに、最適なタッチポイントを通じて …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケティングテクノロジーの自社に合った選び方 の記事一覧

異なるカーライフの顧客一人ひとりに最適な情報やサービスを届ける
事例で見る 戦略に合ったマーケティングテクノロジーのツールを選び方
なぜ日本企業はテクノロジーを使いこなせないのか? 日本と欧米の企業文化の違いを考える
データ統合の視点の欠如で“パッチワーク化”するテクノロジー
時代はワントゥワンのマーケティングへ─テクノロジーの活用が不可欠に(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する