広告マーケティングの専門メディア

マーケターの意外なキャリア

テクノロジーを使って業務プロセスを変える!CTO(最高技術責任者)の仕事

レイザーフィッシュ CTO レイ・ヴェレズ

マーケティング領域におけるテクノロジーの浸透は著しい。これに対応し、エージェンシーサイドにもCTO(最高技術責任者)という職種が登場している。米・レイザーフィッシュの現役CTOで、『超先進企業が駆使するデジタル戦略』の共著者であるレイ・ヴェレズ氏にCTOの役割について聞いた。

レイザーフィッシュ CTO レイ・ヴェレズ 氏
米レイザーフィッシュの最高技術責任者(CTO)。ソフトウェアの設計から導入に至るまで、ソフトウェア開発に心血を注いできた。これまでに、米シティバンクや米フォード・モーター、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)などを顧客として仕事をした経験がある。

テクノロジーを活用した三次元のユーザー体験

私は、1998年にRazorfish(レイザーフィッシュ)に入社し、CTO(チーフ・テクノロジー・オフィサー)として、キャリアを積んできました。

エージェンシーにおけるCTOの役割を一言でいえば「テクノロジーを活用し、三次元のユーザー“体験”をつくる」こと。多様なデジタルテクノロジーが浸透した現代、消費者は企業に対して従来のトラディショナルな広告のようなワンウェイ型のコミュニケーションではなく、インタラクションの中での体験を求めています。そしてテクノロジーを活用することで、より一人ひとりの消費者に合わせた、適切な体験をつくりやすくなってもいます。こうした中で …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターの意外なキャリア の記事一覧

「ガストアプリ」仕掛け人の想定外のキャリアとは?
調査から見る、次世代マーケターに必要な素養
カギはCMOとCIOの一体化 ITのプロが語るマーケターの役割
テクノロジーを使って業務プロセスを変える!CTO(最高技術責任者)の仕事(この記事です)
weiboのフォロワーは38万人超!世界で活躍する女性マーケターのキャリア考
正解がないから楽しい!好奇心があれば自ら成長できる仕事
銀行から総務庁、広告会社まで 異色のキャリアを経てキリンへ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する