広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

オムニチャネルでのマーケティングオートメーションを実現

ANALOG TWELVE 内山英俊

自ら投資のBtoC事業がBtoB提案力の糧になる

米国の大学院でコンピュータサイエンスを専攻し、データ分析の専門知識を持つ内山英俊氏により創業されたANALOG TWELVE。「ひらめきあふれる モバイルビジネスをつくる」のスローガンのもと、創業以来BtoCのコンテンツビジネス、BtoBのソリューション提供の2軸で事業を展開してきた。

「BtoCとBtoB、それぞれの事業の割合は約半々。BtoCのコンテンツビジネスで当たるものは、全体の2割程度だが、それでも自ら投資をし、培われる技術やノウハウはBtoBの事業に大いに活かされている」と内山氏は話す。例えば同社がリリースし、2009年から2011年までのスマホアプリアワードを総なめにした待ち合わせ支援アプリ「待ちぴったん」でのO2Oの知見がいま、同社が注力するオムニチャネルソリューションのベースになっているのだという。

現在、企業向けのソリューション提供で内山氏が注力するのは「オムニチャネルにおけるマーケティングオートメーションの実現」だ。「日本でもO2Oという言葉は話題になったが、キャンペーンでの活用が中心で恒常的に効果の上がる施策の実施例はほとんどない。当社はこの領域の成功ケースをつくっていきたい」と話す。

具体的にはオンライン、オフラインを組み合わせたデータ分析に基づき …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

オムニチャネルでのマーケティングオートメーションを実現(この記事です)
9300万IDを基盤にしたマーケティングプラットフォームを提供
複雑なトピックを3分で分かりやすく伝える「解説動画」とは?
「言葉」に対する理解をマーケティング領域で活かす
制作からPRまで統合サポート 動画でビジネス課題を解決
多言語対応からコンテンツ管理まで企業のグローバル展開を包括的に支援

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する