広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

制作からPRまで統合サポート 動画でビジネス課題を解決

フラッグ

企業からの期待が高まり動画広告市場が活性化

自社サイトにSNSと企業が動画を配信できる場も広がり、動画を制作したいという企業のニーズは増えている。しかしながらネットならではの“文脈”を踏まえた独自の制作ノウハウが必要だ。そんなノウハウに強みを持つのが、映像を中心にコンテンツ制作事業を手掛けるフラッグだ。代表取締役の久保浩章氏が在学中に立ち上げた合資会社を基盤に2004年に設立された。「学生時代から映画が好きだったが、映画業界は作ることに意識が集中し、映画ビジネスをサポートする人材は希薄と感じていた。映画に限らず“作って終わり”のクリエイティブビジネスが多いのではないかとの問題意識から、起業を決意した」と久保氏は話す。

まずは映像制作から事業をスタート。その後、ブロードバンド環境が整い、ネット企業各社の動画ポータルサイト立ち上げが盛んになった2003年頃から、Web動画制作の依頼が拡大。2007年頃にはブームが収束するものの …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

制作からPRまで統合サポート 動画でビジネス課題を解決(この記事です)
多言語対応からコンテンツ管理まで企業のグローバル展開を包括的に支援
社員の3割がエンジニア、ないものは自らつくり提供
No.1マーケティング会社を目指す電通イーマーケティングワンの取り組み
“動的CMS”を基点にパーソナライゼーションを実現
動画の表示時間の可視化でディスプレイ広告に新たな指標

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する