広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

「言葉」に対する理解をマーケティング領域で活かす

ジャストシステム

“高回転率”のリサーチを目指す

ワープロソフトに始まり、デジタルテクノロジーの変化に対応した、「言葉」に関わる技術を世に送り出してきたジャストシステム。同社では、自社のノウハウが活かせる領域として2011年からマーケティング支援ビジネスにも参入している。

ネットリサーチサービス「Fastask(ファストアスク)」に始まり、2014年にはターゲティング・リーチ・メディアとなるアンケート・マガジン「Answerz(アンサーズ)」のサービス提供も開始した。同社、事業企画部・シニアマネージャーの石川英輝氏は「リサーチも言葉を扱うビジネスなので、当社ならではの資産が活かせると考えた」と話す。

「Fastask」は「Fast」と「Ask」を組み合わせた造語。「ネットリサーチは従来のリサーチに比べれば、手軽で低コストではあるが、それでもまだ活用の障壁はあると感じた。そこで、より裾野広く日常の中で、手軽に活用していただくことを目指し、ジャストシステムの専門リサーチャーが調査票の作法やロジックをチェックするサポート体制も整えた」と言う。

リサーチサービスを始めたジャストシステムは、ある気付きを得る。それは「リサーチの場を使って、モニターの人を対象にプロモーションがしたい」という企業のニーズだ。

そこで開発されたのが「Answerz」だ。「Answerz」では、企業の伝えたいことをアンケートという形態に落とし込み …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

「言葉」に対する理解をマーケティング領域で活かす(この記事です)
制作からPRまで統合サポート 動画でビジネス課題を解決
多言語対応からコンテンツ管理まで企業のグローバル展開を包括的に支援
社員の3割がエンジニア、ないものは自らつくり提供
No.1マーケティング会社を目指す電通イーマーケティングワンの取り組み
“動的CMS”を基点にパーソナライゼーションを実現

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する