広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

「限定モノに女性は弱い」は本当か?最も「効く」訴求フレーズ

協同宣伝

普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズにおける効果

“今だけ感”に女性は弱い効く訴求フレーズとは

協同宣伝は「言葉をテーマにした自主調査」の第2弾として、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を対象に実施した「普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズ*における効果」の実態調査結果を発表した。

消費者の関心や購入意欲を高める目的で使われる「訴求フレーズ」は、消費者の購買行動においてどのくらい目的を達成しているのか。調査では「きっかけ」を、ポジティブ/ネガティブそれぞれ5段階で設問し、その加重平均スコアで全般傾向を確認した。

「気になって注意を向けるきっかけになる」ベスト5では、「~限り」や「今だけ」といった「限定モノ」が4つランクイン。「本日」-「今」-「期間」-「季節」と限定度合が高い順でランクインしており、より“今だけ感”を出したフレーズの訴求効果が高いことが分かった。男女別に見ると、男性よりも女性の方が「訴求フレーズ」の影響を大きく受けていることが分かる。よく言われるように、企業が消費者に対して、「購買」というアクションを起こしてもらうには、いかに女性消費者の心をつかむかということが重要であるようだ。

一方、ワースト5には、タレントや有名人、料理研究家などの「お薦め」がランクイン ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

Web上のネガティブな情報は生活者にどのような影響を与えるか
テレビ視聴者の7割は「ながら視聴」
「限定モノに女性は弱い」は本当か?最も「効く」訴求フレーズ(この記事です)
信頼する情報源と関心のある社会問題に関する調査
スマホでのオンライン動画視聴の調査
和食のユネスコ無形文化財、登録認知は7割
メガネ3個以上保持者はファッション性も重視
節約に役立つ食材、トップは「もやし」
美容にこだわる女性が望む、賃貸住宅の設備とは?
職場でのPC使用時間、最多は7~8時間
汚れが気になる場所は水回り。モノや場所で掃除の頻度に男女差
30代男女3割が「結婚はしない」 結婚するより1人が気楽
卒業旅行の幹事役は将来、出世する?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する