広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

和食のユネスコ無形文化財、登録認知は7割

和食についての調査

01.jpg

日本リサーチセンターは日本人が考える和食のイメージについて調査を実施した。調査期間は2014年1月8日から1月20日。

和食がユネスコの無形文化財に登録されたことを知っていたのは7割。和食は、洋食など他の食事に比べて、「ヘルシーで体に良い季節のものを、素材の味を生かして食べられる」というイメージを持たれていることがわかった。洋食より和食が好きな人は、「あてはまる」と「ややあてはまる」で約7割。和食は外食よりも家庭料理として食べられていることがわかった。家で作る和食トップは味噌汁、中食トップは刺身、外食のトップは寿司だった。

02.jpg

あと41%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

和食のユネスコ無形文化財、登録認知は7割(この記事です)
メガネ3個以上保持者はファッション性も重視
節約に役立つ食材、トップは「もやし」
美容にこだわる女性が望む、賃貸住宅の設備とは?
職場でのPC使用時間、最多は7~8時間
汚れが気になる場所は水回り。モノや場所で掃除の頻度に男女差
30代男女3割が「結婚はしない」 結婚するより1人が気楽
卒業旅行の幹事役は将来、出世する?
若年層も関心高い、老後の貯蓄
肩こりや腰痛の解消、約6割が筋トレに期待
「食品誤表示の店利用しない」消費者は約3割
全国平均で月3万円を超えた!こどもの教育費

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する