広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

女性の運転時間、島根・佐賀は東京の3倍に

主婦ドライバー5000人 カーライフ実態調査2013

三菱自動車は、20~50代の主婦および子どもを持つ女性5000人に対して、カーライフの実態と車への要望について調査を行った。調査期間は2013年5月10日~20日。

1週間の運転日数が一番多かったのは子どもを持つ女性。首都圏より地方での運転時間が長く、公共交通機関の利便性が低い地域ほど車は生活必需品に。90%以上の主婦ドライバーが紫外線を気にしており、80%以上が日焼け止めなど何らかの対策を講じている。主婦がこだわるのは車の外観や燃費。悩みは車内外の掃除、ニオイやホコリなどで、車を清潔に保ちたいと悩む姿が浮き彫りになった。

171_01.jpg
あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

60代は健康維持に年間7万円投資、20代も積極的
スマホ利用、不安のトップは「バッテリー残量の大幅減少」
女性の運転時間、島根・佐賀は東京の3倍に(この記事です)
「飲める」日本の水道水。水を買うのは日本3割、中国9割 
シニアドライバーの過半数がスバル「アイサイト」を認知
お金や時間を極力かけない健康管理が主流
大学生活はPCとスマホが命
環境よりも「快適さ」や「涼しさ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する