日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

映画で学ぶ広報術

広報が観ておきたい!今月の1本『マッドメン』

野呂エイシロウ 放送作家・PRコンサルタント

名画から最新作まで、映画に数多く登場する広報・メディアの仕事。1本の作品から、気になるセリフと名シーンをピックアップします。

「何も言わなければタバコは売れると?」「広告の基本はただひとつ。幸福です。」
So we're gonna other people not say anything that sell cigarettes? Advertising base on one thing. happiness.

イラスト/ミツミマリ

今月の1本『マッドメン』シーズン1第1話
放送開始 2007年
製作国 アメリカ
製作総指揮 マシュー・ワイナー
キャスト ジョン・ハム、エリザベス・モス、ヴィンセント・カーシーザー、ジャニュアリー・ジョーンズ、マギー・シフ、ジョン・スラッテリー

STORY
舞台は1960年代ニューヨークの広告業界。クリエイティブ・ディレクターのドン・ドレイパー(ジョン・ハム)は、絶大な信頼を置かれている敏腕広告マン。家庭では良い夫・良い父親を演じながら、不倫関係を持つプレイボーイな一面も持っていた。ドレイパーは、世の中で喫煙のリスクが取り沙汰され始める中、大口の顧客であるタバコ会社の広告キャンペーンで頭を抱えることに。広告業界の欲望と葛藤をリアルに描いた。

僕の尊敬すべき広報・宣伝パーソン。今回はそのひとりをご紹介しよう。舞台は1960年代、ニューヨークのある広告代理店。マディソン通りの広告マンを示す造語が、作名にもなっている「マッドメン」である。主人公のドン・ドレイパー(ジョン・ハム)は、そこで働く...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

映画で学ぶ広報術の記事一覧

映画で学ぶ広報術の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する