日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

公式アカウント 広報に、こう使う!

ぺんてる社員がnoteで綴った想い出 ロングセラーの新たな価値に

ぺんてる

愛用商品に対する社員の溢れ出る実直な思い。ぺんてるの公式noteアカウントで綴られた記事が、共感を集めた。ロングセラー商品に光を当て、新しい価値を付与する、同社のソーシャルメディアの活用法とは。

DATA
  • 設立年:1946年
  • 広報人数:5人
  • ぺんてるでは、公式キャラクター「ぺぺ」「ルル」が発信するTwitterを中心に、Facebook、InstagramでのSNS発信を行ってきた。若手でも挑戦できる風土を活かし、声を上げた社員が運用を開始。“中の人”のキャラクターの持ち味を活かした発信は、プレスリリースやホームページとは異なる、いい意味での“ゆるさ”があった。

    だが課題もある。「担当者のキャラクターありきの運営は、独自性を持たせやすく親近感がわく一方で、引継ぎが難しく、メディアごとに、言葉や価値観が少しずつズレてしまいます」とブランド企画課 田島宏次長。バラバラだった発信に社としての一貫性を持たせるため、2021年に広報主導へと切り替えた。「これまでは、各媒体で成功事例を積み重ね、知見を集める段階でした。その持ち味や良さを、広報が社の価値観で一貫させるステップに移っています」。

    古い商品の価値を掘り起こす

    そんな同社のソーシャルメディア活用の特徴のひとつが「ロングセラー商品への価値の付与」を試みている点だ。「リリースでは、新商品や新事業のように、新しい話題を提供することがメインです。しかし、文具は長年...

    あと60%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    公式アカウント 広報に、こう使う!の記事一覧

    公式アカウント 広報に、こう使う!の記事一覧をみる

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する