日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域メディアの現場から

ターゲットを若い女性層にも拡充 在札民放3局との差別化図る

北海道文化放送(UHB)『みんテレ』

ローカルで人気のテレビ番組や地元情報をきめ細かく伝える新聞・雑誌の編集方針や人気の秘密、つくり手の考え方を紹介します。

    北海道文化放送(UHB)『みんテレ』
    放送日 毎週月曜日~金曜日16時48分~19時
    放送開始 2015年3月
    放送エリア 北海道
    出演者 廣岡俊光、千須和侑里子、八木隆太郎(いずれもUHBアナウンサー)、菅井貴子(気象予報士)、森本稀哲、石井雅子、石黒佳奈、喜多よしか ほか
    スタッフ数 68人(うち報道スタッフ41人、情報系スタッフ27人)

    人気のコーナー・企画

    「キセキの食堂」シリーズ(毎週木曜日)
    地元で愛される飲食店を紹介し、看板メニューに込められた秘話やお店にまつわる人の裏側に迫るコーナー。2020年春の改編で、若い女性の視聴者層をターゲットにした「きせきのスイーツ」が新たにシリーズに加わった。

    明るい散歩(毎週水曜日)
    石井雅子リポーターと福本義久アナウンサーによる街ぶら企画。散歩をしながらグルメや人との出会いを紹介する。今後、地元の人に「この街のNo.1」を調査し「街のベスト5」を決めランキング形式で発表するコーナーにリニューアル予定。

    道の駅完全制覇プロジェクト ~Season1道央・道南編~(2019年8月13日~9月5日)
    北海道の道の駅全124カ所を自転車で回るという大型企画。Season1では、入社2年目(当時)の川上椋輔アナウンサーが道央・道南エリアの道の駅46カ所を巡った。地元の住民との温かい触れ合いが高い反響を得た。

北海道文化放送(以下UHB)が月曜から金曜の4時48分~7時の帯で放送している情報番組『みんテレ』。「北海道のみんなと、ここから。」をコンセプトに、北海道の食・トレンド・ライフスタイルなどを中心に伝え、お茶の間を沸かす。

2015年3月に『みんなのテレビ』として放送開始。2019年4月に番組の愛称だった「みんテレ」を正式タイトルにしてリニューアルした。2020年4月から放送開始時間を約1時間繰り下げたのに伴い、番組の構成も大きく変更。メインターゲットをシニア層から20~40代の女性へとシフトさせた。

「道の駅完全制覇プロジェクト」で道央・道南編を制覇した川上椋輔アナウンサー。Season2は道東・オホーツク編を予定している。

民放4局が激しく争う時間帯

「『北海道で今起きていることをどう伝えるか』が1番のポイントです」。こう語るのは、番組プロデューサーの丹羽聖一氏だ。内容はグルメやスポーツ、芸能など多岐にわたるが「ターゲット層が今どういう情報を求めているのかを日々探っています」と話す。

UHBが夕方の生情報番組を開始したのは2011年4月。当時、道内ではすでに『どさんこワイド179』(札幌テレビ放送)、『イチオシ!!』(北海道テレビ)『グッチーの今日ドキッ!(現:今日ドキッ!)』(北海道放送)が放送中で、在札局の中では最も後発での参入だったという。

民放4局がしのぎを削る中、後発参入となったUHBにとっては、「他局の番組構成を読み、情報が被らないようにすること」もひとつの策だという。「トップニュースを出す時間帯をずらしたり、CMの位置を変えたりして、毎日視聴率グラフを見ながら頭を悩ませています」と丹羽氏。

みんテレは4月の改変で16時台の放送から撤退。他局が全国ネットニュースを放送する17時台から...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域メディアの現場から の記事一覧

ターゲットを若い女性層にも拡充 在札民放3局との差別化図る(この記事です)
ものづくり王国の魅力を全国へ 工場に潜む知恵やドラマに光を当てる
新聞社発のペーパー&ウェブメディア 福岡の旬な情報を日本中へ
デジタル配信で全国的に読者を増やす神奈川新聞
社会で活躍する女性に密着 視聴者の人生も応援する番組
編集部員が足でつかむ 早くてディープな関西の情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する