日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

2015年のヒットに学ぶ 商品PRのノウハウ

半年でトップ取材20本以上!スマートロック市場を創出するPR

Qrio「Qrio Smart Lock」

    DATA

    Qrio

    img03

    WiLとソニーにより誕生した合弁会社。同社が手がけるスマートロック製品は、クラウドファンディング「Makuake」でプロジェクトが成立したことにより発売が決定。キャッチフレーズは「世界最小、家の鍵をスマートに」。

クラウドファンディングで始動

モノとモノをインターネットでつなぐIoT関連ビジネス。米国で先行し急成長しているが、その勢いは日本国内にも及びつつある。中でも、エンドユーザーが使う“toC”のプロダクトとして注目を集めているのが、「スマートロック」という新たなカテゴリーだ。

スマートロックとは読んで字のごとく、自宅などの「鍵」をスマート化した製品。扉に取りつけると、スマートフォンを操作するだけで閉開錠ができる。活用次第で家の貸し借りや、シッターなどのサービスを利用する際などに、わずらわしい鍵のやりとりが不要となる。

米国では売れている商品で年間20万台ほどの売上があるというこのスマートロック市場。国内でも複数の事業者が参入しているが、中でも製品のリリース後、その存在が各メディアで大きく報じられていたのが「Qrio(キュリオ)」だ。

その成り立ちはユニークで、2014年12月にクラウドファンディングのMakuake(マクアケ)でプロジェクトがスタート。設定した目標金額の15倍を超える2540万円を調達した後、会社を設立し、2015年8月に商品の発売に至った。会社自体が立ち上がってまだ間もないQrioだが …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2015年のヒットに学ぶ 商品PRのノウハウ の記事一覧

北米販売が好調のスバル 「ネクストストーリー推進室」が生まれた理由
商品とPRが一体化 カゴメの全社プロジェクトから生まれた新・野菜飲料
半年でトップ取材20本以上!スマートロック市場を創出するPR(この記事です)
「ぼっちBBQ」って何だ!?ネット発でテレビも注目のPR
なぜ「Pepper」のPRは成功したのか?
「おにぎらず」ブームで海苔が売れた! スピード内製で先手のPR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する