日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

2015年のヒットに学ぶ 商品PRのノウハウ

「ぼっちBBQ」って何だ!?ネット発でテレビも注目のPR

ビーズ「オヒトリサマBBQグリル」

    DATA

    ビーズ

    img04

    1997年に創業した大阪府東大阪市のメーカー。自転車用品の「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」をはじめ、アウトドアや計測器、ダーツ、インテリア、ペット用品など11の自社ブランドを企画・運営する。「モノ好き」の社員が多く、個々人の「アイデアをカタチにする。」という方針を掲げている。

発売1カ月で想定外の完売

「ひとり焼肉」「ひとりカラオケ」のように、単独行動でアクティブにオフの時間を過ごす「ソロ活」を楽しむ消費者が増えている。そんな新たなライフスタイルを後押ししようと、2015年3月に「オヒトリサマBBQグリル」なる商品が発売された。その名の通り、一人でもバーベキューを楽しめるコンパクトなグリルで、アウトドア用品などのブランドを展開するビーズ(東大阪市)が販売している。

「BBQを一人で楽しもう」という逆説的な提案がヒットし、3月の発売直後から「週アスPLUS」「ねとらぼ」など10以上のウェブメディアが取り上げ、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』にも登場。さらに4月から5月にかけて『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)、『あさチャン!』(TBSテレビ)、『めざましテレビ』(フジテレビ)など情報番組でも商品紹介や「ソロ活」の特集で取り上げられた。

一連のメディア露出の増加により、ブランドサイトのPV数は過去最高を記録。想定していた半年分の在庫が発売後1カ月で完売するという売れ行きにつながった。「当社の販路はネットが中心なので、ウェブPRの成否は売上に直結します。今回は多くのネットメディアからテレビ、新聞・雑誌にも取り上げられたことで、一気に勢いが加速しました。まさにネットはPRの主戦場だと考えています」とビーズの広報担当、熊谷未央氏は説明する。

とはいえ、ウェブメディアと一口に言っても、大手からレビュー系サイトまでその形式も様々。どのメディアに載るかによってリーチできる顧客層も変わってくる。「大手に載れば話題になりますが …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2015年のヒットに学ぶ 商品PRのノウハウ の記事一覧

北米販売が好調のスバル 「ネクストストーリー推進室」が生まれた理由
商品とPRが一体化 カゴメの全社プロジェクトから生まれた新・野菜飲料
半年でトップ取材20本以上!スマートロック市場を創出するPR
「ぼっちBBQ」って何だ!?ネット発でテレビも注目のPR(この記事です)
なぜ「Pepper」のPRは成功したのか?
「おにぎらず」ブームで海苔が売れた! スピード内製で先手のPR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する