販売促進の専門メディア

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用

江崎グリコが行う、継続的な購買につなげるSNS活用とは

不破由貴氏(江崎グリコ)

江崎グリコ コーポレートコミュニケーション部では、顧客とのつながりを大切にしたSNS運用やキャンペーンに取り組む。一商品の販促から、企業ブランドへの理解まで、長期的な関係づくりを目指す活動を取材した。


江崎グリコ
経営企画本部
コーポレートコミュニケーション部
不破由貴(ふわ・ゆき)氏

コーポレートコミュニケーション部デジタルコミュニケーションチームに所属。2016年よりTwitterのコーポレートアカウント「@GlicoPRJP」の運用を担当。2021年からはFacebook「@GlicoGlobal」の運用も担当している。SNSを通して企業理念である「おいしさと健康」を伝えている。

会社を好きになってもらう

──コーポレートコミュニケーション部ではどういったプロモーションを行っているのですか。

TwitterやFacebookなどを通して、企業理念であり、商品の核でもある「おいしさと健康」を伝えることを目標に活動しています。江崎グリコでは健康事業に力を入れているため、アーモンドミルク飲料の「アーモンド効果」や「SUNAO(スナオ)」など、健康関連の商品のプロモーションを通して、商品や企業のことをもっと知ってもらうためのキャンペーンも企画・運営しています。

そして、多くのキャンペーンはGlicoの会員コミュニティ「with Glico」内で展開し、Twitterなどで告知をしています。数多くある商品を全て取り上げることは難しいため、年間のスケジュールを作成、例えば「アーモンドの日」(1月23日)に向けてアーモンド関連の商品の販促を行うなど、時節に合わせてSNS上で話題化されやすい商品を選ぶことが多いです。with Glicoの担当チームがキャンペーンの骨組みを話し合い、その後マーケティングチームに企画を共有し、SNSでの展開をして広げていきます。

──SNSはどのような考えで利用しているのでしょうか。

SNS運用の第一の目的は「会社を好きになってもらう」ことです。そうすることで商品を手に取ってもらう機会も増えると感じています。そのため、ユーザーとの信頼関係は欠かせないポイントです。特に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用の記事一覧

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する