販売促進の専門メディア

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用

SNS活用を前提としたブランド立ち上げ 成功の鍵はエンゲージメントの高さ

藤本真美氏(ZOZO)

2020年春に発足したZOZOのD2C「YOUR BRAND PROJECT」では、SNSを活用して活動するインフルエンサーの個人ファッションブランドの立ち上げに必要な資金から、企画・生産・販売・発送までをZOZOが全面的に支援。勢いを増す背景を紹介する。


ZOZO
EC事業本部
ブランド営業三部
商品企画Bブロック ブロック長
藤本真美(ふじもと・まみ)氏

2011年にZOZOに入社。WEARなどメディアサービスに携わり、現在は「YOUR BRAND PROJECT」を担当しながら自身でもブランドを展開。「YOUR BRAND PROJECT」を通じて自身のブランド「nimiru」を立ち上げるなど、ブランドディレクターとしても活躍中。

SNSが基盤のブランド

──「YOUR BRAND PROJECT」の事業について教えてください。

ZOZOではこれまで、ファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」などの運営を通じて、インフルエンサーとの関係を構築してきました。その中で「YOUR BRAND PROJECT」は、大きく2つの軸によって成り立っています。1つ目はZOZOとインフルエンサーが共にブランドを企画し、生産・販売を支援するもの。2つ目はファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の出店テナントに対しインフルエンサーを紹介し、ブランドとインフルエンサーが共にブランド立ち上げやコラボ商品を企画するというものです。

いずれもZOZO限定商品としてZOZOTOWNで販売します。これまでは、ファッションを買う場所としてのプラットフォームとして展開してきましたが、商品づくり、生産面でのプラットフォームとしてのノウハウも活かしていく新たな事業を立ち上げました。

──インフルエンサーが主体となるビジネスにおける、SNSの役割とは何ですか。

商品を知ってもらう一番のチャネル、コンテンツがSNSだと考えています。ブランドも情報も数えきれないほどある中、商品に対する消費者の目はとても肥えており、判断基準も厳しくなっていると感じます。その商品がどういう想いでつくられているか、自分の生活のどのようなシーンで使えるのか、こうした消費者の興味・関心に対してマメに応えていくのがSNSの重要な役割となっています。

デザインなど商品自体にインフルエンサーの個性が見えてくることはもちろん、商品づくりにかけたこだわりや想いなどをインフルエンサー自身の言葉でいかに発信しているかが...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用の記事一覧

売上につながる!小売・メーカーのSNS活用の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する