販売促進の専門メディア

人が動く「瞬間」の設計

2021年上期からピックアップ インセンティブを活用したプロモーションたち

人が動くきっかけとなる「インセンティブ」を活用したプロモーションは、販促の手法として、様々なものが行われています。ここでは、その中でも編集部が注目し、ピックアップした事例を紹介します。

ブックオフが本と引き換えられる回数券を販売

ブックオフコーポレーションは7月5日、書籍やコミックを割安で購入できる回数券「ブックチケット」の販売を始めた。対象店舗は北海道、東北、関東、中国、四国、沖縄の25店舗。2022年5月までに直営店100店舗へ拡大する予定だ。

「ブックチケット」は350円〜1980円(いずれも税込み)まで4種あり、350円なら店舗で販売している220円以下の中古本5冊と引き換えることができる。1980円の場合は30冊まで。また、購入時の割引もしくは買取金額を上乗せする特典もある。チケットの有効期間は購入から90日間。対象店舗であれば、店舗をまたいで利用できる。

サブスクリプションモデルではなく、回数券を採用したのは、利用頻度にかかわらず一定額を支払うことに心理的負担を感じる利用者を意識したためだという。


感謝の気持ちを込めたキャンペーンで豪華プレゼント

パルコは6月7日〜6月24日、各店舗にて「PPPP」と題したキャンペーンを実施した。キャンペーン名は「パルコから ピースフルで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人が動く「瞬間」の設計の記事一覧

人が動く「瞬間」の設計の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する