販売促進の専門メディア

「eスポーツ」販促活用のこれから

eスポーツの活用には適したゲーム選びが重要

CyberE

CyberZは2018年12月、eスポーツイベントの企画・運営やeスポーツを活用したプロモーションなどを提案するCyberEを設立。同社の代表取締役社長 文晟新氏に、「RAGE」を取り巻く環境について聞いた。

大会のようす。「RAGE 2018 Summer」では、10歳代~20歳代を中心に3万5000人が観戦をした。

Competition Summary
RAGE
賞金総額 2000万円(2018年6月17日実施の大会)
競技タイトル いままでのべ16タイトルを実施
視聴、観戦者数 オンライン:700万回(2018年3月21日実施の大会)
オフライン:3万5000人(2018年6月17日実施の大会)
主催 CyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日
会場 幕張メッセ …
あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「eスポーツ」販促活用のこれからの記事一覧

「eスポーツ」販促活用のこれからの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する