販売促進の専門メディア

「eスポーツ」販促活用のこれから

eスポーツは世代を超えたエンターテインメントへ

ライアットゲームズ

世界大会では、賞金総額が7億円を超え、決勝戦のユニーク視聴者数も9960万人と人気を誇るゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」。同ゲームの開発、運営を担うライアットゲームズに、日本のeスポーツ市場について、同社の取り組みを中心に話を聞いた。

「LJL 2019」のようす。観客と選手の距離が近く、試合にのめり込むことができる

Competition Summary
リーグ・オブ・レジェンド・ジャパン・リーグ
賞金総額 2700万円(LJL 2019)
競技タイトル League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)
主催 ライアットゲームズ
運営 吉本興業、プレイブレーン
会場 ヨシモト∞ホール(LJL 2019 レギュラーシーズン)
アリーナ立川立飛(LJL 2019 SUMMER SPLIT FINAL) …
あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「eスポーツ」販促活用のこれからの記事一覧

「eスポーツ」販促活用のこれからの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する